2018/06/05再開発レポート

港区虎ノ門エリア再開発
国際新都心への変貌

2020年東京オリンピック開催へ


2011年3月11日の東日本大震災を経て、同年4月1日に「環状二号線ⅲ街区計画」が着工した。2013年には「虎ノ門ヒルズ」という名称も決定し、2013年9月には、2020年夏季オリンピック開催地が正式に東京に決定している。東京五輪開催の経済効果は、当該地区のみならず東京都全域の、いや日本全体の再開発事業にとっての、追い風となったのである。都が施工者となり民間のノウハウも活用することで、敷地内の建物の集約化を図り、国際競争力の強化につながる多様な機能やオープンスペースなどを創出する「虎ノ門ヒルズ」が遂に誕生した。


東京都都市整備局によれば、同エリアは2020年までに新たなバスターミナル、地下鉄日比谷線新駅の整備と併せて、新駅と既存駅(虎ノ門駅)を結ぶ歩行者ネットワークを整備し、都内各地や羽田空港、臨海部とつながるシームレスな乗り継ぎを強化した、質の高い交通サービスが提供される交通結節点を形成するとしている。


BRT*で虎ノ門〜臨海エリア(豊洲、有明、台場)をつなぎ、新虎通りの広い歩道には「東京シャンゼリゼプロジェクト」としてオープンカフェを整備するなど、新たな賑わいを創出する。周辺市街地においては緑が充実した快適な居住空間、医療等の外国人向け生活支援施設、バリアフリーの充実など、都市機能が高度に集積した国際的なビジネス・交流拠点が形成され、国際ビジネス拠点として整備される。大会後ももちろんのことだが、虎ノ門は2020年大会会場への、玄関口となる。


*BRT: バス・ラピッド・トランジット(bus rapid transit)。バスを基盤とした大量輸送システム。 日本語ではバス高速輸送システムとも呼ばれる。連節バス、PTPS(公共車両優先システム)、バス専用道、バスレーン等を組み合わせることで、速達性・定時性の確保や輸送能力の増大が可能となる高次の機能を備えたバスシステム。




新虎通り

「東京シャンゼリゼプロジェクト」として整備が進む新虎通り




関連する記事

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとしてあらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして
あらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

0120-222-060

電話受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして企業改革を多角的にサポートし、
あらゆるオフィスニーズにお応えられるサービス提供を目指します。

SITE MENU