2018/06/25コラム

投資家が注目する「ESGな企業」とは
環境・社会・ガバナンスが成長のカギを握る

なぜいまESGなのか


政府も投資家も、ESG企業に熱い視線を送っている。環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)を企業理念に据えている企業は、成長力が期待できるからだ。ESGに取り組むことで、ブランドイメージの向上を狙う企業もある。


なぜいまESGなのだろうか。ESGにコミットしている企業は、なぜ将来性が買われるのだろうか。そしてそもそもESGとは何なのだろうか。


地球温暖化、女性の活躍、取締役の構成など

環境・社会・ガバナンスといっても、概念が広すぎてとらえどころがないように感じる。そこで、世界最大級の機関投資家、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が注目するESGのポイントが参考になる。


GPIFは企業のESGについて、下記のポイントで注視している。


E:地球温暖化対策、水資源、生物多様性

S:女性の活躍、従業員の健康

G:取締役の構成、公正な競争


Eの観点からすると、環境に大きく依存するビジネスを展開するエネルギー企業や食品企業、そして環境負荷が大きい重厚長大企業などがその姿勢を問われるだろう。
Sの観点では、旧来の男性重用型の運営をしている企業や、残業が多い企業が問題になる。
Gについては、国内すべての企業にとっての検討課題といえるだろう。






PRIに署名するアセットオーナーの数と運用資産残高の合計




関連する記事

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとしてあらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして
あらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

0120-222-060

電話受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして企業改革を多角的にサポートし、
あらゆるオフィスニーズにお応えられるサービス提供を目指します。

SITE MENU