2016/12/20コラム

ワークスタイル調査〜
働きたい山手線の駅 第1位は東京駅

2016年の住みたい駅ランキングでは、恵比寿駅が第1位に選ばれたようですが、“働きたい駅”については皆さん、どのように考えているのでしょうか。
そこで今回は、山手線の駅のなかから働きたいと思う駅についてアンケート調査を実施してみました。

<アンケート概要>
対象:首都圏で会社に勤務する20~50代の男女。回答数:400名 実施時期:2016年12月


総合的な便利さで東京駅が第1位

全体

20代から50代までの首都圏で働く男女400人にアンケート調査を行なった結果、もっとも働きたい駅第1位は、東京駅(全体の16%)でした。

東京駅を選んだ理由について、「新幹線で帰宅できるから」(30代女性)、「通勤に便利で買い物もできる」(20代女性)、「アクセスが良く、一流企業が多くあるから」(30代男性)といった意見が多く、男女ともに総合的な便利さが評価されたようです。

また、第2位の新宿駅(全体の14.5%)も「通勤の便がいい」(50代男性)、「交通の便がよく、動きやすい」(30代男性)という理由で選ばれ、第3位の品川駅(全体の9.3%)も「自宅から通勤が便利」(50代女性)、「アクセスが良い」(50代女性)ということが評価をされたようです。

首都圏で働く多くの人たちは主に交通アクセスの良さを求めているようです。


男性は就業後の時間も重要

男性

男女別に“働きたい駅”をみてみると、男性では17.5%の人が新宿駅で働きたいと回答。なかでも「食事も娯楽もあるから」(20代)、「帰宅時に遊ぶ場所がある」(30代)といった通勤の利便性だけでなく、飲食店や娯楽施設が充実していることが高い評価を得たようです。

同様に第2位の東京駅(全体の14.5%)も「ビジネス街で便利」(20代)、「日本屈指のビジネス街だから」(40代)、「施設が充実していそうだから」(40代)という意見があり、日本のビジネスの中心地ならではの理由が挙げられました。

さらに第3位となった渋谷駅(全体の8.5%)は「若者の街だから」(20代)、「アクセスに便利で、買い物や食事をする店などにも困らないから」(30代)といったことが評価されているようです。

男性にとっては、就業後に同僚と飲みに行ったり、遊べる場所が職場の近くにあることも、重要なポイントになっているようです。


女性はとにかく通勤時間を短くしたい

女性

一方、女性のアンケート結果をみてみると、すでに全体のランキングでもあったように通勤に便利なことが重要のようで、第1位に選ばれた東京駅(全体の17%)では、「新幹線で帰宅できる」(30代)、「自宅から乗換えなしで出勤でき、終点、始発なので帰りに座れそう」(40代)といった意見が多くありました。

女性第2位となった品川駅(全体の12.5%)でも「(現在住んでいるのが)東海道線沿線だから」(50代)、「通勤時間が短くて済む」(20代)といった回答が多く、第3位の新宿駅(全体の11.5%)も「自宅から近くて通いやすい」(20代)、「最寄駅から乗換えなしで、始発駅だから座って帰れる」(50代)という回答がありました。

こうしたことから女性は、現在の生活環境からなるべく近くて利便性のよい駅で働きたいと考える傾向が強いようです。




今回の働きたい駅のランキング調査では、通勤の利便性に加えて駅周辺の環境を多くの働く人たちは重視しており、総合的な利便性が求められているようでした。

ただ、この利便性も、男女別にみてみると、男性は就業後にはホッとひと息ついて(できることなら少しお酒でも飲んで)、明日への英気を養うことのできる利便性も含まれていて、逆に女性は、就業後もなるべく早く自分の生活環境圏内に帰宅したいと考えている人が多くいるようでした。

働きたい駅の利便性については男女の間で大きな嗜好の違いがあり、駅の選別にもはっきりと表れていました。

関連する記事

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとしてあらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

ビルディンググループは、オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして
あらゆるオフィスニーズにお応えいたします。

0120-222-060

電話受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

オフィス環境構築のリーディングカンパニーとして企業改革を多角的にサポートし、
あらゆるオフィスニーズにお応えられるサービス提供を目指します。

SITE MENU